【乙4危険物取扱者】試験に受かるコツはオンライン講座のスタディングで勉強する

危険物乙4の記事のアイキャッチ画像

社会的ニーズの多い国家資格をご存知ですか。

乙種第4類 危険物取扱者 通称 『乙4』

『乙4の試験を受けたい』でも勉強方法がわからないという人も多いのではないでしょうか?

結論から言いますとオンライン講座で勉強することをおすすめします。

なぜなら勉強は継続するためのモチベーション知識を理解することが大切だからです。

こんな人にピッタリな情報
  • 乙4の試験を受けようとする人
  • 乙4の試験勉強がわからない人
  • オンライン講座の良さを知りたい人

今回の記事では、乙種第4類危険物取扱者の試験を受けたい人に、合格するためのポイントを深堀りしています。

良き勉強方法の一つと考えられているオンライン講座、なぜオンライン講座が魅力的なのかを詳しく調べています。

えーじ

私も乙種4類危険取扱者の有資格者です。

目次

危険物の試験内容を把握

試験科目と合格ライン

乙種危険物取扱者の試験内容は、類に関わらず2時間のマークシート方式です。

試験問題は下記の3つで、試験科目ごとの成績が60%以上で合格となります。

  • 危険物に関する法令(15問)
  • 基礎的な物理及び基礎的な化学(10問)
  • 危険物の性質並びのその火災予防及び消化方法(10問)

乙4の資格は独学でも十分合格できる資格になっています。

受験者数の実態

乙種第4類危険物取扱者の令和2年度試験実績(令和2年4月〜令和3年3月)

申請者数…225,223

受講者数…200,876

合格者数… 77,466

 合格率…… 38.6%

引用元 消防試験研究センター

申請者の数から見ても、とても人気のある資格なのである。

合格者

しかし、現状の合格した人は全体の4割未満です。

危険物取扱者とは

危険物取扱者とは、消防法で定められた可燃性及び引火性の高い危険物を取り扱うために必要な国家資格です。

法律で定める量の危険物を貯蔵または、取り扱う施設等では危険物取扱者を常駐しなければなりません。

危険物は第1類〜第6類まで存在し、資格の種類によって取り扱いが異なる。

危険物の資格は大きく分けて3種類
  • 甲種…第1類から第6類のすべての危険物を取り扱えます。
  • 乙種…全6種類の中で、試験に合格した類の危険物を取り扱えます。
  • 丙種…乙種第4類の内、指定された危険物のみ取り扱えます。

今回、みなさんがチャレンジするのは、乙種第4類危険物取扱者です。

乙種第4類危険物とは

乙種の第4類危険物とは、引火しやすい液体を表しています。

引火性の液体も7種類に分類されています。

乙4類危険物の主な7種類
  • 特殊引火物・・ジエテルエーテルなど
  • 第一石油類・・ガソリンなど
  • アルコール類・エタノールなど
  • 第二石油類・・灯油、軽油など
  • 第三石油類・・重油など
  • 第四石油類・・ギヤー油など
  • 動植物油類・・オリーブ油など

乙種の第4類危険物の特長は、引火しやすく、非水溶性と水溶性がある、空気より重く水に浮く、酸化剤と混合すると発火する危険がある。

乙種4類のできる仕事

第4類危険物を取り扱い及び立ち合いができます。

危険物取扱者を取ると有利な就職先は、ガソリンスタンド、タンクローリーの運転手、研究所、消防士などがあります。

乙種4類は危険物取扱者の資格の中でも、最も幅広く役立つ資格であり、危険物を取り扱う職種のニーズも多い。

工場勤務の方でも必要な職種も多いです。

引火性液体を扱う工場
  • 石油精製工場
  • 化学工場
  • 金属精錬工場
  • メッキ工場
  • 塗装工場
  • 印刷工場
  • 食品工場

就職活動でも、取得者を待遇したり、必須条件として定めている企業も多いのも現実にあります。

えーじ

工場系の管理監督者なら、持っていて当然の資格

試験に受かるコツを理解する

合格するためのポイントは3つ
  • 知っている人に教わること
  • 覚え方のコツを身につけること
  • 過去の問題集をやり込むこと

知ってる人に教わる

問題の範囲は、基礎的な物理及び基礎的な化学です。

高校の化学で勉強したような常識レベルの問題が多いのが特徴的。

しかし、一度勉強から離れた社会人にとっては難しく感じてしまいます。

ジュールって?、容積の計算?、頭が「???」となると勉強をやめてしまう

だからこそ合格したいなら、合格した人に教えてもらうのが良い。

もっと良いのは、合格という勝ち方を知っているプロに教わることをおすすめします。

オンライン講座はおすすめ、スタディングの情報は(こちら)で確認!

覚え方のコツを知る

危険物に関する法令は、まさに暗記です。

間違っているものを答える問題の場合は、より正確に暗記していないと難しい場合が多いです。

暗記は嫌ですよね、でもコツを覚えるとスラスラ頭に入ってきます。

暗記問題の覚えるコツ、計算問題の解き方のコツ、試験問題の進めるコツ

覚え方のコツは、合格という勝ち方を知っているプロに教わることをおすすめします。

オンライン講座はおすすめ、スタディングの情報は(こちら)で確認!

過去の問題集をやり込む

とにかく問題をこなす、やり込むことは合格への一番の近道です。

ただし、「昨年の問題をやりました」では全然ダメです。

なぜなら2年連続で同じ問題が60%以上出ることはないからです。

もっとたくさんの問題をやることで、問題になれることはできる。

試験当日は、「思った以上に緊張します」

だからこそ、問題なれして問題を簡単に解けるようにしておくことは大切なのです

結論は合格という勝ち方を知っているプロに教わること≒オンラインでお勉強

オンライン講座はおすすめ、スタディングの情報は(こちら)で確認!

『危険物乙4試験』独学では難しい理由

独学で勉強することが難しい理由に、勉強に時間をかけ、自分の気持ちを試験に向けて高めて行かなければならないことです。

えーじ

独学とは、強い意志で維持継続ができること

独学に自信のない人で、確実に試験を合格したいのであればオンライン講座をお勧めします。

その答えは、比較してみるとよりオンライン講座の良い理由が分かりますね。

オンライン講座
参考書で独学
  • 聞き流し学習が可能
  • 仲間とコミュニティをつくれる
  • 安いオンライン講座5,000円弱
  • スキマ時間やリビングでも学べる
  • とにかく本を読み尽くす
  • 強い意志がないと続かない
  • 参考書、問題集でも5,000円弱
  • メインは机に座って一人の世界
試験勉強で重要なのは

自分のマインド、勉強時間

試験までの時間をどのように効率よく勉強時間に使うか。

自らのモチベーションをどのように保っていくかが大きなカギになります。

自己マインド

独学の場合『強い意志』がないと続きません

難しい化学・物理の問題が解けず止めてしまうケース、これを俗に言う『三日坊主』を引き起こし諦めてしまうのです。

現実的に言うと

乙4試験の申請者22万人に対して受講者20万人という数字は、2万人が受験する前にあきらめている実態なのです

オンライン講座の場合は、理解度が違います

ビデオ・音声講座をYouTubeを見る感覚で知識を見て覚えられる。

見ることと聴いて覚えることは、記憶に大きく残りやすく理解しやすいです。

一般的な勉強時間

危険物乙4の一般的な勉強時間は、40〜60時間と言われています。

働いている人の場合は、2時間もの時間を毎日やっても1か月はかかります。

勉強の習慣も無くなっている社会人の場合は、2時間も机に向かうことがどれだけシンドイ理解しているでしょうか。

オンライン講座は、通勤時や休憩中のちょっとしたスキマ時間も使え、しっかりと覚えることができる。

えーじ

合格したいなら、オンライン講座をおすすめします。

勉強にオンラインは◎

勉強方法はいくつかの選択肢があります。

乙4の資格は独学でも十分合格できる資格になっています。

しかし、独学の場合は6割の人が不合格になっています「これが現実」

合格したいなら「勝ち方を知っているプロに教わる」

これが一番合格する近道で、オンラインにて勉強することをオススメします。

オンライン講座に参加

今はネット社会の世の中になり、沢山のオンライン授業が存在します。

もちろん教えてくれるのは、教えることを仕事にしているエキスパートです。

講座を聞くことで、覚え方が脳への刺激になって、スルスルと覚えれる感覚は心地良い。

合格したいなら、合格という勝ち方を知っているプロに教わることをおすすめします

勉強にかかる費用

独学の場合は参考書と問題集を購入するだけなので4,000円前後で揃えることができます。

オンライン講座でも約5000円の講座もあります。

費用面でも独学で勉強するのと大きく差がなくなってきて状況です。

基本的にはオンライン講座の費用も約5000〜15000円くらいの目安になります。
※料金の違いは、サイトによって付随品や講習数に違いがある。

おすすめのオンライン講座

オススメのオンライン講座は、KIYOラーニングスタディングです。

ステディングで取り扱っている講座は、

乙4以外にも基本情報技術者、簿記、FP、宅建士、公務員、TOEICなど人気の資格も充実。

中小企業診断士、司法書士、行政書士、弁理士、税理士などの難しい資格まで幅広く取り組んでいます。

詳しくは公式サイトにて

ステディングの魅力は

・スキマ時間にスマホで学習
・業界最安水準の価格帯
・一流講師の動画講義で要点を網羅
・問題演習がゲーム感覚でどんどん進む
・学習レポートや勉強仲間SNSなどでモチベーションがキープできる
・受講者も合格者も続々増加中
・各資格に特化した専門教材も充実

今回の受講コースは

危険物取扱者 乙種4類合格コースです。

価格は4,950円(一括払い)

内容的も電子テキスト、オンライン講座、模擬試験と試験対策をモーラしているが特長です。

危険物取扱者の合格までの流れ

出典 スタデイング公式サイト
おすすめのポイントは3つ
  • 価格が安い
  • オンライン講座がある
  • 模試試験が10回分

本を読むよりYouTubeを見て物事を解決する人が多い、それは参考書を読むより動画の方が覚えやすいということです。

過去問10回分はあっても、模試試験10回分は中々ない。

このコースの選ばれる理由

効率化された学習サイクルで実力養成!

危険物取扱者試験 乙種4類の出題傾向を分析し、試験によく出るところを中心に無駄を省いて、効率よく学べるカリキュラムを構築しました。
化学や物理、危険物の性質分野は、「基本講座(ビデオ/音声)」で基礎知識を習得し、スマート問題集を知識の定着を図ります。覚えることを絞り込みやすい法令分野は「法令暗記ツール」でピンポイント学習が効果的です。
さらに、本番試験と同じ出題形式でトレーニングできる「合格模試」で解答力を養うことができます。

引用元 スタデイング公式サイトより

詳しくは公式サイトにて

充実している教材

効率のよい学習をするには、充実している教材が必要なのです。

覚えること

ビデオ・音声講座

知識をしっかり覚えるのならば、ビデオ講座を使うのが良い。

Webテキスト

ビデオ・音声講座の内容をベースに、重要ポイント、試験情報に役立つ情報が詰まったオンライン版のテキストです。

※テキストはWeb版のみになります。

法令暗記ツール

重要なポイントを穴埋め形式にしていることで、メリハリをつけ重要項目をマスターすることができます。

試す実力

スマート問題集

インプットで学んだ内容を確実に覚えるためのオンライン問題集です。

スキマ時間で問題演習を行え、重要なポイントをしっかり確認することができる。

合格模試

試験に良く出るテーマを厳選して、本番試験形式で構成した模擬試験。

その数35問☓10回分

問題練習を繰り返すことで、問題になれ知識の定着を図る。

学習効率がアップする機能

学習フォロー

ガイドに従うだけで適切な順番で学べる機能です。

『今日は何を学ぼう?』と考える必要がなく、もっとも効率よい順番で学ぶことができます。

学習レポート

スタディングで学習した時間や進捗状況を数値化で見えるようになっている。

学習の習慣化、モチベーションアップに役立ちます。

勉強仲間機能

同じ資格を目指す仲間をつくる。

勉強仲間機能をつかって、励ましあい、刺激を受ける仲間をつくることで勉強のモチベーションをあげましょう。

マイノート

自分だけのオリジナルノートが作れます。

Webテキストを中心に簡単に自由に、自分だけの『まとめノート』をつくることもできる。

関連リンクのサイト

危険物取扱者の記事をもっと見て知りたい人におすすめのサイト

資格Hacksは危険物取扱者試験の記事を取り上げています。

知りたかった情報なんかも記事にしてありますよ。

資格Hacksで詳しく見てみる

まとめ

今回は乙種4類危険物取扱者の試験勉強に、もっとも効率的なお話しをしました。

この記事の内容をまとめると

ポイント
  • 危険物の試験内容を把握
  • 試験に受かるコツを理解する
  • 『危険物乙4試験』独学では難しい理由
  • 勉強にオンラインは◎
  • おすすめのオンライン講座のスタディングについて

これから、みなさんがチャレンジするのは、乙種第4類危険物取扱者です。

結論は、合格したいなら、合格の方法を知っているプロに教えてもらうことが重要

オンライン講座は、理解力を向上させるためには最適な勉強方法。

その中でも価格的にも、内容的にも魅力な『スタディング』をおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

目次